泉 志穗 自己紹介へ

住宅ローンの借り過ぎに注意しましょう。

こんにちは。

京都府宇治市で自然素材を使った、注文住宅・リフォームを行う工務店

陽だまりハウスです。




知人の同僚が念願の新築を果たしたとか。

ただ、借入可能額の上限まで利用した家づくりな上、

雇用形態などの不安な点があるため、

新築経験がある知人は心配でならないそうです。

「何度か忠告したんだけど…」

と詳細を教えてくれましたが、聞いた私も心配になりました…。

■返済負担率


ローンの年間返済額を年収で割ると、

年収に占める年間ローン返済額の割合がわかります。

これを「返済負担率」といいます。


ちなみに、住宅金融支援機構の

「住宅ローン利用者調査(2022年4月調査)」によると、

いずれの金利タイプ(変動型、固定期間選択型、全期間固定)でも

年間負担率「15%超20%以内」の利用割合が最も多いそうです



■「基準内=安全」は誤り


返済負担率の基準は金融機関によって異なりますが、

例えばフラット35の場合、総返済負担率の基準を

・年収400万円以下・・・30%以下

・年収400万円以上・・・35%以下

と設定しています。


マイカーローンなど、住宅ローン以外の借り入れが多いほど、

住宅ローンの借入可能額は少なくなります。

家づくりの予算を増やすため、

「基準内なら上限まで借りても返せるだろう」

と判断する方もいるようですが、借りた分だけ返済額は増えます。

場合によっては、返済に追われて普段の生活を楽しむ余裕を失ったり、

教育費や老後の資金の貯蓄が困難になることがあります。



■返済可能額


「家賃と同じくらいの返済額で新築できる」

との広告を見かけることがあります。

しかし、実際は

固定資産税やメンテナンス費用の積み立ても必要なので、

家賃相当の返済額だと、今の暮らしより家計は厳しくなります。


たとえ年収が同じでも、

安全に返済できる金額は世帯によって異なります。

「返済負担率25%以内」を目安とする考え方もありますが、

それはあくまでも一般論です。


まずは家計簿で収支を把握し、無理の無い返済可能額を見極めましょう。


弊社で開催しております、ミラクル資金セミナー

自分たちに合った借入額をはじき出してみませんか?



■値上げラッシュ


ロシアのウクライナ侵攻により、飼料価格の高騰が続いています。

それに加え、今シーズンは、

鳥インフルエンザによる殺処分数が過去最多を更新しています。

そのため、物価の優等生といわれる鶏卵が値上がりしています。


今年は、昨年以上の値上げラッシュが予想されています。

家づくりの資金計画や住宅ローン選びに無理は無いか、

定期的に確認した方が良さそうですね…。^^;

 

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全84ページ中)