2月の住宅ローン金利は上昇に

2022/02/01(火) 家づくりのこと

 

今月の全期間固定金利型住宅ローン【フラット35】(買取型)の金利(最低金利)は

融資率9割以下、返済期間21〜35年、

機構団信加入で1.35%となり1月から0.05ポイント引き上げに。

融資比率9割以下・返済期間15〜20年の金利は1.23%と、

同様に0.05ポイントの引き上げとなりました。

変動金利や10年固定型でも0.05%~0.1%の

金利引き上げが見られます。

 

日本の住宅ローン金利は、

アメリカの影響を受けやすく、

そのアメリカでは今年2022年に

複数回にわたって利上げlを行なう可能性が

濃厚となっているため、日本の住宅ローン金利も

利上げの流れに注意が必要です。

 

変動金利で限度額いっぱいに借り入れをしていて、

金利が上がった場合に対応できる余力がないと

苦しくなってしまします。

 

これから住宅ローンを借りようと考えている人は

これらの金利上昇リスクを十分に考えて

住宅ローンの借り方を考えていく必要があります!

 

自分たちに合った資金計画を立てる事!

まずは、これから始めていくと安心して

暮らしていけるでしょう。

 

当社では、お客様お一人おひとりの

家計の診断から相談に乗って、

お客様に合った資金計画を立てるサポートを

しています。

 

住宅ローンでお悩みの方は

お気軽にご相談ください。

 

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全78ページ中)