小山 志穗 自己紹介へ

外壁塗装のタイミングを知って、住まいを守ろう!

2023/12/07(木) 家づくりのこと

外壁塗装は、家を美しく保つだけでなく、長寿命化や耐久性向上にもつながります。

では、外壁塗装のタイミングは一体いつがベストなのでしょうか?

1. 経年劣化の兆候をチェックしよう

外壁には経年による劣化が様々な形で現れます。

ひび割れ、剥がれ、変色などが見受けられる場合、外壁塗装が必要なサインと言えるでしょう。

特に、建物の北側や雨風がよく当たる場所は、劣化が進みやすいので注意が必要です。

2. 季節の変わり目が適している

外壁塗装は気温や湿度が影響する作業です。

通常、春と秋が外壁塗装に最適な季節とされています。

これらの季節は乾燥しており、塗料が良く乾きやすいためです。

夏は高温で作業が厳しく、冬は低温で塗料がうまく固まりにくいため、避けるべき時期と考えられます。

3. 塗料の寿命を考慮しよう

一般的な外壁塗装の寿命は10年から15年程度です。

建物の使用状況や気候条件により異なりますが、10年以上経過していれば、

外壁の保護機能が低下している可能性が高まります。定期的なメンテナンスとして、

寿命が来たら塗り替えを検討しましょう。

4. 予算と計画を考える

外壁塗装は予算と計画が必要です。急な劣化や修理が必要になると、

予算のオーバーが発生する可能性があります。

計画的に外壁塗装を行うことで、予算の把握やリーズナブルな価格で施工を依頼することができます。

5. 地域の気候条件を考慮する

地域の気候条件も外壁の劣化に影響します。高温多湿な地域ではカビや藻の発生が多くなりますし、

寒冷地域では凍結によるひび割れが生じやすいです。地域ごとの気候特性を理解し、

それに応じた塗料や施工方法を選ぶことが大切です。

 

外壁塗装は住まいの寿命を延ばし、美観を保つだけでなく、

将来的な修繕コストを削減する重要なメンテナンスです。

定期的なチェックと計画的な外壁塗装を行うことで、

快適な住まいを守り続けることができます。ぜひ、自分の住まいの状態を確認し、

外壁塗装のタイミングを見極めてみてくださいね!

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全128ページ中)