小山 志穗 自己紹介へ

モノを見極めて整理収納、心地よい暮らしのスタート

2024/01/31(水) 収納のこと

暮らしの中で、どうしてもたくさんのモノが集まりがちです。

しかし、必要のないモノが増えれば、部屋はごちゃごちゃと散らかり、

ストレスの原因となることもあります。

1. モノを見極める基準を設ける

まずは、どのモノが本当に必要かを見極めるための基準を設けましょう。

例えば、最近使用していないモノや、同じ目的を果たすアイテムが重複している場合は、

冷静に判断して整理することが大切です。

2. 使い勝手のよい収納スペースを考える

整理収納の第一歩は、使い勝手のよい収納スペースを確保することです。

収納ボックスや引き出し、ラベルを使ってモノを整理し、一目で必要なアイテムを見つけやすくしましょう。

これにより、日常の生活がスムーズになります。

3. 定期的な整理と見直しを行う

必要なモノを見極めたら、定期的な整理と見直しを行うことが大切です。

季節ごとや生活の変化に合わせて、不要なアイテムを取り除き、

新しいモノが増えた場合は適切な収納スペースを確保しましょう。

4. モノとの向き合い方を考える

モノとの向き合い方も重要です。感謝の気持ちを持ちながら手に入れたモノと向き合い、

本当に大切に使えるかどうかを考えることで、ムダなモノを避けることができます。

質素で心地よい暮らしを目指しましょう。

 

 

モノを見極め、整理収納することは、心地よい暮らしを築くための一歩です。

必要なモノに囲まれたスッキリとした空間は、心にもゆとりをもたらし、

ストレスの軽減に繋がります。日常の中で少しずつ工夫を重ねながら、

整理収納のスキルを身につけていきましょう。

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全137ページ中)