家族が快適に過ごせる広さはどれくらい?

2021/12/01(水) 家づくりのこと

今の住まいの狭さにストレスを感じている方は、新居に広さを求めがちです。

しかし、その広さが原因で使い勝手が悪くなることがあります。


例えばトイレ。

広いトイレは、車椅子や介護にも対応できるメリットはありますが

・便座からペーパーホルダーまで離れており、子どもでは手が届かない

・便座をペーパーホルダーに寄せたため、反対側ががら空きで不格

・施錠を忘れて便座に座ったとき、ドアに手が届かないので施錠できない

といった事例があります。


そんな失敗を防ぎ、家族に最適な広さを知るため、

モデルハウスやショールームなどでさまざまな広さのトイレを体感し、

最も使い勝手の良い広さを探してみましょう。


次はリビング。


リビングが広いと開放感はありますが、

・おもちゃなど、個人の持ち物がリビングに集まるので片付かない

・人や私物が家事動線の妨げになるのでイライラする

・広くて冷暖房が効きにくい上に電気代も高い

・広いからと大きめのソファーや家具を買ったところ、使い勝手が悪くなった

などの後悔をしている方もいます。


そのような場合を想定して、

・持ち込む私物の量を制限する

・家事動線に配慮した間取りにする

・冷暖房に必要な光熱費をシミュレーションし、断熱性向上などの対策を図る

・使い勝手を確かめながら、徐々に家具を増やしていく

などの対策を考えておきましょう。


次はキッチン。


キッチンが広いと、複数で作業しても邪魔にならないので楽ですよね。

しかし、冷蔵庫や収納スペースまでの距離が遠いと作業動線が長くなるため、

負担を感じる方もいます。

広くする時は、冷蔵庫や食器棚などのよく使うアイテムの配置を工夫して、

移動の負担を減らしましょう。



広い空間は快適ですが、広すぎる空間はストレスの原因になります。

それに、無駄な空間を減らせば、その分費用も節約できます。

家族が負担を感じず、快適に過ごせる広さはどれくらいなのか、

それぞれの行動をシミュレーションしながら考えてみましょう。


 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全78ページ中)