小山 志穗 自己紹介へ

家庭での防災用品の準備は万全ですか?—防災意識を高めるための基本的なガイド

2024/04/05(金) 日々のこと

災害は予告なく訪れます。地震、台風、洪水など、自然の脅威に直面した時、

準備が生存への鍵となることはよく知られています。

では、私たちの家庭では、どのようにしてこれらの緊急事態に備えるべきでしょうか?

1. 防災キットの基本内容

防災キットは、すぐに使えるように整理された必需品を含むべきです。以下は、基本的なアイテムです

  • 水と食料:人々一人当たり最低3日分の水(1日につき約2リットル)と非常食。
  • ファーストエイドキット:怪我の応急処置用品と、必要な場合の処方薬や常備薬。
  • 懐中電灯と予備の電池:停電時に必要不可欠です。
  • ラジオ:手回し充電式が推奨され、災害情報を得るために使います。
  • 現金と重要書類:クレジットカードが使えない場合や、避難時に身分を証明するために必要です。

2. 防災用品の保管方法

防災用品は、家の中でアクセスしやすい、安全な場所に保管してください。

地震の際には物が落下してくることもあるため、押入れやロッカーの下などが適しています。

また、各家庭の住環境に応じた保管場所を選ぶことが大切です。

3. 定期的な点検と更新

防災用品は、定期的に点検し、消費期限が近づいている食料や薬を更新することが重要です

。最低でも年に一度はチェックを行い、必要に応じてアイテムを新しく交換しましょう。

4. 家族での防災計画

防災用品を準備するだけでなく、家族全員で防災計画を話し合い、

どのように行動するかを決めておくことも大切です。

避難経路の確認、連絡方法の確立、避難所の位置情報の共有など、具体的な計画を立てましょう。

 

災害はいつ発生するか予測不能ですが、準備は可能です。

今回紹介した基本的な防災用品とその準備方法を参考に、あなたとあなたの家族がより安全に過ごせるよう、

今日から準備を始めましょう。災害に強い家庭環境を作ることが、最終的には大きな安心につながります。

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全132ページ中)