泉 志穗 自己紹介へ

こんなときどうするの?…リフォーム後のシックハウス症候群

2022/06/01(水) 家づくりのこと

こんにちは。

京都府宇治市で自然素材を使った、注文住宅・リフォームを行う工務店

陽だまりハウスです。



今日は、「リフォーム後のシックハウス症候群」についてです。


建築基準法は、居室の種類や換気回数に応じて、

内装仕上げに使用する建築材料の面積を制限しています。

最も安全性が高いF☆☆☆☆は面積の制限なしで使えますが、

ホルムアルデヒドの飛散量が多いF☆☆やF☆☆☆は、

使用面積が制限されています。

しかし、その基準に沿わない壁紙の張り替えリフォームを行ったことが原因で、

リフォーム後にシックハウス症候群を発症した事例があります。


内装リフォームを行う際は、

建築基準法に基づくシックハウス対策を業者に求めましょう。

DIYを行うなら、壁紙や接着剤の安全性を必ず確認しましょう。


 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全78ページ中)