泉 志穗 自己紹介へ

外にイルミネーションを飾る時に気を付けたいこと 

2022/12/06(火) 日々のこと

こんにちは。

京都府宇治市で自然素材を使った、注文住宅・リフォームを行う工務店

陽だまりハウスです。





12月に入ると、

自宅でイルミネーションを楽しむ方が増えますね。

玄関先を可愛らしく飾り付けるお宅もあれば、

庭全体を使った大掛かりなイルミネーションをして、

多くの見学者が訪れるほどのお宅もあります。

ところで、イルミネーションを飾るには、

いくつかの注意点があります。

ケガや事故を防ぐため、今日は注意点についてお話しします。

 

 

■屋外コンセント


イルミネーションだけでなく、高圧洗浄機、防犯カメラ、照明など

屋外でコンセントを使う機会は多いものです。


新築の打ち合わせでは、

庭のどこでどんなことをしたいか想像しながら場所や数を決めましょう。

新築後に増設すると、手間も費用も増えます。

迷った時は、少し多めに付けた方が良さそうです。



■漏電・火災


防水対策が不十分だと、漏電・感電・火災の恐れがあります。

購入の際は、『屋外用』『防水』『防雨』などの記載があるか確認しましょう。

なお、防水性が高くても水たまり周辺での使用は危険です。

水はけが悪い庭に設置するなら、雨天前後の使用は慎重に行いましょう。


また、イルミネーションのタコ足配線が原因で発火することもあります。

タコ足配線をするときは、コンセントの総ワット数を超えないよう注意しましょう。



■電気代


電気代を節約するには

・LEDやソーラータイプを使って消費電力を抑える

・点灯時間を制限する

といった方法があります。


夜遅くまで点灯したことが原因で

ご近所トラブルになったという事例もあります。

隣家との距離が近い場合は、

迷惑を掛けないよう気を付けたいですね。





■「おかしいな」と思ったら


「説明書通りに使っているのに、きちんと点灯しない」

「お店で見たイルミネーションと比べると、何かが違う」

などのように、使い始めてから違和感を覚えることがあるかもしれません。


原因として、製品の不具合や接続ミスなどが考えられますが、

いずれも漏電や感電が心配です。

念の為、製造元や販売店に問い合わせましょう。




 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全4ページ中)