スタッフブログ

冬の寝具の湿気・ダニ・カビ対策

2022/01/23(日) 家づくりのこと

フローリングの上に布団を敷いて寝ると、

温かい布団と冷たいフローリングの温度差により、

敷き布団とフローリングの間に結露が発生します。


そんな結露と寝汗がこもった布団を敷きっぱなしにすると、

湿気を除去できないので布団とフローリングが濡れてカビが生えます。



「家族がインフルエンザで数日寝込んだところ、

 敷き布団と床が濡れていてゾッとした」



あなたにも、そんな経験がありますか?

■健康被害


暖かくて湿度の高い布団は、カビやダニが好む環境です。

布団のカビやダニを放置すると、『かゆみ』『腫れ』

『炎症』『呼吸器系疾患』『アトピー性皮膚炎』

など、さまざまな健康被害を及ぼします。



■した方が良いこと


・布団と床の間に除湿シートや防ダニシート、すのこ等を敷く

・除湿効果や防ダニ効果のある敷きパッド・敷きカバーを使用する

・天日干しや布団乾燥機で湿気やダニを除去する

・天日干しの後に掃除機をかけ、ダニの死骸等を除去する

・布団カバーをこまめに洗濯する(最低でも週に一度)

・窓を開けて換気し、湿気やダニを屋外に放出する

・週に一度は掃除機をかけ、年に一度は丸洗いをする




■しない方が良いこと


・布団を敷きっぱなしにする

・布団を床に直接敷く

・布団の上で飲食する

・起きてすぐに布団を畳む

・天日干しする時、片面だけを干す

・天日干しして取り込む時、布団たたきでバシバシたたく

・布団を敷く部屋に洗濯物を干す

■枕


快晴の日、布団は干しているのに枕を干さないお宅を見ると、

「枕にはどんな対策をしているんだろう」

と興味が湧きます。


枕には、寝汗・抜け毛・フケがびっしり詰まっています。

枕カバーは、敷布団よりこまめに洗濯しましょう。

布団を干す際は、枕も干すようにしましょう。

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

記事一覧|2022年1月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ