スタッフブログ

キャンペーン金利を選ぶ前に調べておきたいこと

今日は、住宅ローンのキャンペーン金利についてです。


住宅ローンを取り扱う金融機関の中には、

・指定期間内に申し込むこと

・指定する条件を満たすこと

などを条件に、通常金利よりお得な『キャンペーン金利』での融資を行っています。


金利だけを比べると魅力的ですが、

適用条件や内容によっては、合わない可能性があります。


ちなみに、優遇金利を受けるために多くの金融機関で設定しているのが、

・給与振込口座に設定すること

・公共料金の引き落とし口座に設定すること

という条件です。


金融機関によっては、上記の2点に加えて

・普通預金口座の残高を指定額以上維持し続けること

・借入金額を〇千万円以上、借入期間を○年以上とすること

・ボーナス返済を利用しないこと

・WEBで申し込むこと

・指定業者・指定店舗を経由して申し込むこと

・金融機関が指定する電力会社やガス会社の対象製品を設置するこ

などの条件を求めている場合があります。


ですから、キャンペーン金利の適用条件の確認だけでなく、

・勤務先は給与振込口座の変更を承諾してくれるか

・急ぎでも、問い合わせはWEBのみか

といった疑問点の解決も欠かせません。


キャンペーン金利は、

「提示した金利での優遇期間は当初1年のみで、2年目以降の優遇率は縮小します」

と、優遇される期間や割合が限定されている場合があります。


また、固定金利より変動金利を選んでほしい金融機関は、

「変動金利は1%お得になりますが、固定金利は0.5%だけ優遇します」

と、金利タイプによって優遇率を変えていることがあるので

返済計画に合うかどうか見極めが必要です。


なお、優遇の割合が大きいほど、優遇期間終了後のダメージが大きくなります。

優遇期間終了後の金利や返済額、支払い条件や借り換えについても

念入りに調べておきましょう。

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

記事一覧|2022年1月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ