スタッフブログ

雨漏りで困った!②宇治市菟道 美容室

2021/04/24(土) 家づくりのこと

 あなたの暮らしを守る

地域密着のハウスドクター小山です。

 

住まいのお困り事!!

どこに相談すればいいのだろう??

小さなことでも相談してもいいのかな??

そんなお悩みは

私にお任せください! 

 

ご依頼があればすぐに駆け付けられるように

宇治市を中心に車で30分圏内を

施工範囲とさせていただいております。

 

今回の事例は、宇治市菟道の美容室さんです。

赤い丸の部分から雨漏りが発生しています。

 窓の周りは、木の枠が装飾されていて、

経年劣化による腐食が見られます。

その木枠に重量のある長さ6mのテントが

設置してあります。

 1階から3階の窓まわりの木枠全てに

腐食が見られることから、全てを撤去して

腐らない素材で装飾するリフォーム工事の依頼を受けました。

 

まずは、木枠を解体・撤去をしました。

雨漏りを起こしている疑わしいポイントを

3つに絞り込みました。

1つ目は、サッシの上部↓

2つ目は、ひび割れ部分&サッシのジョイント部分↓

3つ目は、重いテントを固定していたネジ穴↓

 1つ目から順番に水かけ検査を行います。

1つ目、2つ目も全く雨漏りしません。

そして、3つ目のネジ穴に水を掛けると…

ズバリ!雨漏りを確認しました!

元々あった雨漏りのシミと全く同じ場所から

水滴が落ちてきました。

間違いなくこの部分から雨漏りが発生しています。

 

外壁の工事をする場合、

釘を打ったり、ネジをもみ込んだりする時は、

雨水を室内に誘導させないように

若干上向きに固定するように注意が必要です!

これを知らずに釘やネジを若干下向きにして

もみ込んでしまうと、雨水が釘やネジを伝って

室内に侵入してくる場合があります。

 

今回のように、重いテントを固定するのに

長くて太いネジを使用する場合は

特に注意が必要です!

 

住宅において、外回りの工事の時には、

木の下地工事やサイディング工事、

雨樋の固定やアルミ製品の固定など、

釘1本、ネジ1本の取付けに注意しましょう!

 

 

雨漏りで困った!時には、

雨漏り検診アドバイザーの資格を持つ

地域密着ハウスドクターの小山に

ご相談ください。

 

 住まいのお困り事なら

どんな些細な事でもお気軽に!

あなたの暮らしを守る

地域密着のハウスドクター小山

ご相談ください!

携帯:090-7550-5350

(※水曜日が定休日です)

 

 


工法・自然素材の住宅についてもっと知りたい人にオススメ

HPには掲載されていない詳細なカタログプレゼント

本物の自然素材住宅・工法について詳しく知りたい方は下の資料請求ボタンをクリック!

資料請求はこちら

 

記事一覧|2021年4月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ