小山 志穗 自己紹介へ

暑い季節に安全に過ごすためのポイント

2023/07/05(水) 日々のこと

こんにちは。

 

熱中症は高温や湿度の状況下で体温調節がうまくいかず、

体内の水分や塩分が不足することで起こる症状です。

暑い季節に外出する際や運動する際には、熱中症の予防に対する対策を十分に講じることが重要です。

 

熱中症予防の基本は、適切な水分補給です。水分はこまめに摂取しましょう。

特に外出時や運動中は、15〜20分おきに少量ずつ水やスポーツドリンクを摂るようにしましょう。

ただし、アルコールやカフェインを含む飲み物は利尿作用があり、水分を排出してしまうため避けるべきです。

 

暑い日中に長時間外で活動する場合は、適度な休憩を取ることが重要です。

直射日光を避ける涼しい場所で休息し、体を休めましょう。こまめな休憩は熱中症の予防につながります。

 

暑い季節に外出する際は、涼しい素材の服装を選びましょう。

吸湿性のある衣類や通気性の良い帽子を着用することで、体温調節がしやすくなります。

また、明るい色の服装を選ぶと、太陽の光を反射して体温上昇を防ぐ効果があります。

 

暑い時間帯を避けて外出することも熱中症予防につながります。

特に午前中の10時から午後4時の間は、太陽の熱が最も強くなる時間帯ですので、

なるべく避けるようにしましょう。朝早くや夕方以降の時間帯に外出することをおすすめします。

 

バランスのとれた食事を摂ることで、栄養を補給し熱中症予防につなげましょう。

特に夏場は食欲が減退しがちですが、栄養をしっかり摂ることが重要です。

また、発汗によって失われる塩分も補給する必要がありますので、塩分を適切に摂るようにしましょう。

 

熱中症は暑い季節において深刻な健康リスクとなりますが、

適切な対策を講じることで予防することができます。

水分補給や適切な休憩、適切な服装や時間帯の選択、

バランスのとれた食事と塩分摂取などの予防策を実践し、健康で快適な夏を過ごしましょう。

また、熱中症の症状が現れた場合は、直ちに涼しい場所で休息し、医療機関を受診することをおすすめします。

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全138ページ中)