段ボールをゴミ収集日まで保管する時に気を付けたいこと

2021/11/30(火) 収納のこと



ゴキブリは、段ボールの保温性や隙間が大好きです。

そのため、受け取った通販の段ボール箱に、

既に卵が産みつけられている場合があります。


また、ダニやチャタテムシなどの害虫も段ボールを好むので、

ゴミ収集日まで室内に保管したり、

工作や収納などに再利用すると、

室内に潜む害虫を増殖させる恐れがあります。



■室内で保管する時に気を付けたいこと




壁と冷蔵庫の間のように、程よく狭い場所は避けましょう。

なぜなら、そこはホコリやダニ(=エサ)が溜まりやすい上に、

狭さを好むゴキブリのお気に入りエリアだからです。

また、段ボールは湿気を吸いやすいため、

カビや細菌の温床になることがあります。


ですから、室内で保管するなら、

駆除剤や捕獲グッズを近くに置くだけでなく、

ホコリが溜まらないようこまめな掃除は欠かせません。


そういえば、キャスター付きのストッカーは、

・床と段ボールの接触を防げる

・広がりを防げるのでスッキリと収納できる

・掃除の際の移動が簡単

といったメリットにより人気があります。


100円ショップのアイテムで自作もできるので、

DIYの作品を参考に挑戦するのも楽しそうですね。



■ベランダや屋外に置くなら


室内の害虫予防には役立ちますが、外ならではの危険があります。

最も怖いのは、侵入犯罪の足場に利用されたり、

放火犯に狙われて火災被害に巻き込まれることです。


また、強風で飛ばされた段ボールが隣家の庭を汚したり、

ガラス窓を割った事例もあります。

屋外ストッカーや物置を利用するなどの安全対策を検討しましょう

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全78ページ中)