小山 志穗 自己紹介へ

冬の寒さに備えよう!水道管凍結防止の方法

2023/12/21(木) 日々のこと

冬の訪れとともに、水道管の凍結が懸念される季節がやってきます。

凍結が起きると水道管が破裂する可能性があり、修理には高額な費用がかかります。

 

1. 絶縁材を使用する

水道管が露出している場合、絶縁材を巻いて保温することで凍結を防ぐことができます。

特に外部の水道管や屋外の蛇口は、絶縁材を使用して十分な保温を施しましょう。

ドレン栓を利用する

水道管内の水を抜くことで、管内の水が凍結するリスクを軽減できます。

特に長時間水を使用しない場合や、寒冷地域での冬季休暇前には、

ドレン栓を開いて水を抜いておくと良いでしょう。

 室内の温度を維持する

 室内の温度を適切に保つことも重要です。特に水道管が通っている場所や、

水道メーターの近くなど、寒冷地域で凍結が起きやすい箇所では暖房をしっかりと行いましょう。

 

これらの方法を組み合わせて実践することで、水道管凍結のリスクを大幅に軽減できます。

しっかりと準備をして、快適な冬を迎えましょう!

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全128ページ中)