小山 志穗 自己紹介へ

水廻りの掃除のコツ:手間を省くテクニック

2024/07/01(月) 日々のこと

水廻りの掃除は、家事の中でも特に手間がかかる部分です。

しかし、少しの工夫とコツを取り入れることで、手間を大幅に減らすことができます。

1. 事前準備が成功の鍵

掃除の効果を最大化するためには、事前の準備が大切です。以下のアイテムを準備しておきましょう。

  • スプレーボトル:酢と水を1:1で混ぜたものや、市販のマルチクリーナーを入れます。
  • 使い捨て手袋:手を汚さずに済むため、掃除のハードルが下がります。
  • 古い歯ブラシ:細かい部分の汚れを落とすのに便利です。
  • マイクロファイバークロス:汚れをしっかりと絡め取ります。

2. ルーチン化して負担を軽減

掃除をルーチン化することで、負担を軽減できます。

毎日のルーチンに少しずつ掃除を取り入れることで、大掃除の頻度を減らせます。

  • 毎日:洗面台やシンクを使用後にさっと拭く。
  • 毎週:バスルームの壁や床を洗う。
  • 毎月:排水溝の掃除やシャワーヘッドの除菌を行う。

3. 簡単にできるエコフレンドリーな掃除法

エコフレンドリーな掃除法は、環境にも優しく手間も省けます。

  • 重曹と酢を使った掃除:重曹を汚れにふりかけ、酢をスプレーします。

泡立ちを利用して、汚れを浮かせて簡単に拭き取れます。

  • レモンの力:レモンの切り口で水垢やカビを擦り、自然な漂白効果を活用します。

4. 放置掃除のテクニック

手を動かす時間を減らすには、放置できる掃除法が有効です。

  • 浸け置き掃除:浴槽やシンクにお湯と洗剤を入れ、しばらく放置します。

その後、軽く擦るだけで汚れが落ちやすくなります。

  • スプレーして放置:汚れのひどい箇所には、クリーナーをスプレーしてしばらく放置します。

その後、布で拭き取るだけでOKです。

5. テクノロジーを活用する

最新の掃除道具やテクノロジーを活用することで、手間を大幅に省けます。

  • 自動掃除機能付きのシャワーヘッド:定期的に水圧で汚れを自動洗浄します。
  • スチームクリーナー:高温の蒸気で頑固な汚れを瞬時に浮かせます。

まとめ

水廻りの掃除は、コツを押さえることで手間を大幅に減らすことができます。

事前の準備とルーチン化、エコフレンドリーな掃除法や放置掃除、

そして最新のテクノロジーを活用することで、効率よく清潔な状態を保ちましょう。

これらのテクニックを取り入れて、家事の時間をもっと有意義に使えるようにしてみてください。

水廻りの掃除が楽になれば、毎日の生活がもっと快適になります。是非、今日から実践してみてくださいね

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全138ページ中)