小山 志穗 自己紹介へ

完璧主義と片付けの関係:片付かない理由を知り、変化を始める

2023/12/20(水) 収納のこと

片付けが苦手である人にとって、その理由はさまざまですが、

その中で完璧主義が一因となっていることはよくあります。

完ぺき主義と片付けのジレンマ

完璧主義は、物事を完璧にしようとする傾向を指します。

しかし、これが片付けに対して適用されると、逆効果になることがあります。

片付けは瞬時に完璧な状態になるものではなく、プロセスを通じて進化していくものです。

完ぺき主義者は、これが苦手で、一度に全てを整理し終えることができないと感じることがあります。

完ぺき主義がもたらす課題

時間の過剰投資

完璧主義者は、物事を完成させるのに余分な時間を費やす傾向があります。

片付けも同様で、全てを完璧に整理しようとするあまり、時間がかかりすぎてしまいます。

意欲の低下

片付けが完璧でないと満足できない完璧主義者は、途中で挫折しやすくなります。

そのため、物事が思うように進まないと、片付けを続けるモチベーションが低下します。

物事の重要度の歪み

完璧主義者は、些細なことにまで過度な注意を払いがちです。

この傾向が片付けに影響を与えると、本質的に重要なものとそうでないものの区別がつきにくくなります。

変化を始めるためのステップ

目標の見直し

片付けにおいて完璧を求めず、進捗を重視することが重要です。

目標をリアリティに基づいたものに設定しましょう。

小さな一歩から始める

完璧主義者が躊躇いがちなのは、大きな課題に取り組むことです。

小さなスペースやカテゴリーから片付けを始め、段階的に進めることが重要です。

進捗を喜ぶ

片付けの進捗を喜び、完璧でないとしても自分を認めることが大切です。

失敗や未完成でも、それを学びの機会と捉えましょう。

まとめ

完ぺき主義が片付けを妨げることは理解できますが、その克服は可能です。

柔軟性を持ち、進捗を喜ぶことで、片付けのプロセスをより楽しく、

効果的に進めることができるでしょう。完璧を求めるあまり、

生活の中で大切なものを見逃さないよう心がけましょう。

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全134ページ中)