小山 志穗 自己紹介へ

モノは収納に合わせて持とう

2023/10/14(土) 収納のこと

近年、シンプルライフやミニマリズムが注目され、

多くの人々がモノの消費について考え直すようになっています。

持ち物が増えるにつれて収納の難しさも増してきますが、

モノと向き合う新たなアプローチが提案されています。

それは、「モノは収納に合わせて持とう。必要な分だけ買う、収納以上のモノを買わない」

というシンプルで合理的な考え方です。

1. 必要な分だけ買う

モノを収納に合わせて持つためには、ますます重要なのは「必要な分だけ買うこと」です。

無駄なモノを買い込むことは、収納の問題だけでなく、財布にもプレッシャーをかけます。

購入前に自問自答し、そのモノが本当に必要かどうかを考えることが大切です。

必要のないものを買わなければ、収納場所の節約だけでなく、お金も節約できます。

2. 収納以上のモノを買わない

モノは、収納スペース以上に持つことは避けるべきです。

収納スペースを超えたモノが家中にあると、部屋が乱雑になり、探し物が困難になります。

また、必要以上にモノを持つことで、家の中が圧迫感に満ち、ストレスが増えることもあります。

モノを買う前に、収納スペースを確認し、収納できるかどうかを考えましょう。

3. モノと向き合う

モノは私たちの生活に欠かせないものですが、そのモノが私たちの生活を支配するべきではありません。

モノと向き合うことは、自己認識を高め、モノが生活の一部であることを理解することです。

モノを大切にし、必要なときに活用することで、質素で充実した生活が実現できます。

4. 収納に合わせたライフスタイル

モノを収納に合わせて持つことは、ライフスタイルにも影響を与えます。

余分なモノがないことで、家の中がすっきりとし、心地よい環境が整います。

収納に合わせたライフスタイルは、

ストレスの軽減や時間の節約につながり、生活の質を向上させるでしょう。

 

モノは収納に合わせて持つことで、シンプルで充実した生活を実現する手助けとなります。

必要な分だけ買い、収納スペースを超えないように心掛けましょう。

そして、モノを通じて自己認識を高め、豊かなライフスタイルを築いていきましょう。

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全134ページ中)