泉 志穗 自己紹介へ

湯船につかって、肩こりや冷えを改善しましょう。

2023/02/08(水) 日々のこと

こんにちは。

京都府宇治市で自然素材を使った、注文住宅・リフォームを行う工務店です。


寒くなると、肩こりや手足の冷えに悩む方が増えるそうです。

あなたは大丈夫ですか?


肩こりや冷えを解消するには、

・入浴時、湯船につかる

・質の良い睡眠をとる

・同じ姿勢を長時間続けない

・正しい姿勢を心掛ける

・食生活を整える

・ストレッチなどの体を動かす習慣をつけて、血流を整える

など、様々な方法があります。


ところで、なぜ湯船につかることが大切なのでしょうか。


肩までお湯の中につかると、浮力の作用によって

体重は約9分の1程度になります。

その分、関節や筋肉は、体を支えるための負荷から解放されます。

すると、筋肉がほぐれてリラックス効果が高まり、

血流の循環が促進されるようになります。

また、水圧が体に適度な負荷を与えることにより、

心肺機能の向上も期待できます。

その作用を活かして、お風呂ダイエットを実践している方もいるそうです。


ただし、高血圧などの疾患を抱えている方や体調の悪い方には、

肩までのお湯は負荷が大きすぎます。

半身浴で、無理の無い入浴を楽しみましょう。


入浴自体が難しいなら、

手浴(しゅよく)や足浴(そくよく)はいかがですか?


手順は以下の通りです。

1.洗面器やバケツに、少し熱めのお湯を入れる

2.手足が温まるまで湯にひたす

3.十分に温まったら、せっけんで洗ったりマッサージする

4.湯を入れ替えて手足をきれいにする

5.水分をふき取り、保湿剤でケアする


上記は、入浴できない方のための手順ですが、

手浴や足浴は、帰宅直後の冷え切った身体を温めたい方にもおススメです。

リモートワークの合間に、一息つきたい時にも役立ちます。


まだしばらくはヒートショック対策が欠かせません。

・入浴前に脱衣所や浴室を暖める

・入浴前後に水分補給する

・入浴前に足元から掛け湯する

・入浴前の飲酒は控える

などの点に注意しつつ、入浴を楽しみましょう。


そういえば、入浴時に40度のお湯で体を温めた後、

1~2時間以内に就寝すると睡眠の質が高くなると言われています

肩こりや冷えがひどいときは、

入浴から就寝までの時間を調整して回復力を高めたいですね。

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全122ページ中)