スタッフブログ

土砂災害特別警戒区域(通称:レッドゾーン)」 内で新築住宅を建設又は購入する場合、 【フラット35】Sのご利用ができなくなります

2021/07/05(月) 家づくりのこと

あなたの暮らしを守る

地域密着のハウスドクター小山です。(夫婦)

 

住まいのお困り事!!

どこに相談すればいいのだろう??

小さなことでも相談してもいいのかな??

そんなお悩みは

私にお任せください! 

 

ご依頼があればすぐに駆け付けられるように

宇治市を中心に車で30分圏内を

施工範囲とさせていただいております。

 

7月3日㈯に静岡県熱海市で

土石流による災害が発生しました。

多くの人と連絡が取れていない状況で

安否が心配されます。

犠牲になられた方やそのご遺族の皆さんに

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

 

2018年は大阪北部地震や台風、

岡山県・広島県を中心にした西日本豪雨災害。

2019年は九州北部で線状降水帯による

豪雨災害が発生。

千葉県の房総半島の

台風で大きな被害もありました。

2020年は熊本県で豪雨災害があり、

今年2021年は熱海で土石流災害。

 

 毎年起こる自然災害!

 いつ、どこで起こるかわからないのが

現実です!

もう他人事では済まされないですね。

いい加減に行政の責任にするのは

やめましょう!

自分の命は自分で守る!

子どもや孫にもその教育を

徹底しておきましょう!

 

これから家を建てる人は

土地選びがとても重要になってきましたね。

ライフスタイルや予算のこともあるので

全ての要望を叶えるのは難しいかも

しれませんが、自分たちに合った

土地を探すために、自分で調べたり

プロの意見を参考にしたりしながら

進めて下さい。

 

 2021年10月
【フラット35】Sのご利用要件が変わります


2021年10月以降の設計検査申請分より、
「土砂災害特別警戒区域(通称:レッドゾーン)」
内で新築住宅を建設又は購入する場合、
【フラット35】Sのご利用ができなくなります
(【フラット35】はご利用頂けます)。
土砂災害特別警戒区域とは、
土砂災害が発生した場合に、建築物の損壊が生じ
住民等の生命又は身体に著しい危害が生ずる
おそれがあると認められる区域のことを示します。
今年の3月末時点で全国54万9千区域が
指定されています。
(各都道府県のホームページで
最新の状況を確認できます)
判断基準や制度の詳細につきましては
添付いたしました資料をご確認ください。

 

 家づくりや土地探しの参考にしてください。

 

  

あなたは家づくりでこんな疑問や

不安をお持ちではありませんか?

ステップメールで家づくりお勉強をしたい方必見!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

住まいづくりでお困りの方はコチラ

 

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

記事一覧

1ページ (全58ページ中)

ページトップへ