スタッフブログ

土地探しのコツ⑥ ~方角~

2021/02/20(土) 家づくりのこと

こんにちは、棟梁の小山です!

今日は土地探しのコツについてお話をします。

土地の優先順位の整理方法として

①広さ

②エリア

③価格

④地形

⑤方角

今日は⑤方角についてお伝えします!

 実際に土地を購入した人の決定要因は、

1位 予算 45%

2位 面積 30%

3位 エリア 12%

 

 

東南角の土地

最も人気がある形状、方角。設計の自由度も高いがその分人気があり、価格が高い。

 

西南角の土地

東南角地についで、一般的には2番人気の形状、方角。東南角地との価格差と日当たり次第では、お買い得である場合もあり。

 

北東角の土地

北側玄関の場合は、南面に庭を造って大きな窓のリビングを作っても外からの視線は気にしなくても良いです。

北側玄関でもメリットはありそうですね。

 

北西角の土地

日当たりがよいとはいえないが、北側斜線規制の心配がなく、外観やデザインの規制が少ない。

 

旗竿地形

周囲が敷地に囲まれているために、日当たりなどに難があるが、その分価格が安い。

間取りの工夫などができれば、ねらい目かも。

 

それぞれの方角のメリット・デメリットを踏まえて

自分たちのライフスタイルに合わせて考えてみてください。

 

それから、注意したいポイントとして、

隣地境界線があります!

土地を買う前には、必ずこの隣地境界線

確認しておきましょう!

隣地境界線の杭が打ってあるのか?

登記に明記してあるのかをしっかりと確認をしてください。

もし隣地境界が定まっていなければ、お金を払う前に

売主さんに言って、隣地境界線を明確にしてもらうように

頼んでください。

それを条件に契約をしてお金を払うようにしましょう。

 

ここを見落としてしまうと、後になって自費負担が

発生したり、ご近所とトラブルになったりする恐れがあります。

十分に注意をしてください。

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

記事一覧

1ページ (全14ページ中)

ページトップへ