小山 志穗 自己紹介へ

2025年住宅省エネ義務化

2023/07/28(金) 家づくりのこと

こんにちは。

 

2025年に住宅省エネルギーの義務化が導入されるということで、

住宅購入者が今から対策を講じるべきテーマを以下のようにまとめることができます。

 

エネルギー効率の高い住宅を選ぶ

 2025年以降は、省エネルギー基準を満たす住宅の需要が高まるでしょう。

住宅を購入する際には、断熱性や窓の性能、エネルギー効率の高い設備などを重視しましょう。

省エネルギーの住宅は将来的なランニングコストの削減にもつながります。

 

再生可能エネルギーの導入

 自宅で使う電力を再生可能エネルギーに頼ることで、家計にやさしく、地球環境にも貢献します。

太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの導入を検討してください。

屋根や庭などでの設置可能性を確認しておくと良いでしょう。

 

省エネルギー設備のアップグレード

 省エネルギーの家電や設備の導入も検討してください。

エネルギー効率の高いエアコン、照明器具、給湯器などを選ぶことで、家計の節約につながります。

 

断熱性の向上

 住宅の断熱性を向上させることで、冷暖房効率を高めることができます。

断熱材の追加や窓の交換などが考えられます。

また、断熱工事は今のうちに行っておくと、後々の手間や費用を減らすことができます。

 

エネルギーモニタリングシステムの導入

 エネルギー使用状況をリアルタイムで監視できるモニタリングシステムの導入も検討してください。

自宅のエネルギー使用量を把握することで、節約の意識が高まり、効果的なエネルギー管理が可能となります。

 

定期的なメンテナンスの実施

 住宅の設備や断熱材、エネルギー関連機器などは定期的なメンテナンスが必要です。

効率の低下や故障を未然に防ぐために、定期的な点検とメンテナンスを行いましょう。

 

これらの対策を講じることで、2025年以降の省エネルギー義務化に対応し、エネルギー効率の高い住まいを手に入れることができます。また、将来的なエネルギーコストの削減や地球環境への貢献にもつながりますので、早めの対策が重要です。

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全134ページ中)