泉 志穗 自己紹介へ

一年の計は元旦にあり。行動を習慣化するには?

2023/01/05(木) 日々のこと

こんにちは。

京都府宇治市で自然素材を使った、注文住宅・リフォームを行う工務店

陽だまりハウスです。




さて、総務省統計局によると、「調理食品」の支出は

クリスマス前から年末にかけて増加するそうです。

大みそかの支出は特に多く、

12月の1日当たり平均額の約4倍にもなるとか。


食費だけでなく、旅費や外食費など、

年末年始は何かと支出が多いものです。


もしかしたら、今も家計簿をつけながら

頭を抱えている方がいるかもしれませんね。

■今年こそは!


あなたは、

「何度も挫折したけど、今年こそは家計簿を続けたい」

「計画的に貯蓄したい」

「モノを減らしてスッキリ片付けたい」

などの、家づくりに役立つ目標や計画はありますか?


家づくりの資金を計画通りに増やすには、

行動の習慣化が欠かせません。

では、行動を習慣化するにはどうすればよいのでしょうか。



■具体的な行動を決める


まずは、『夕食後に』『ダイニングで』『家計簿アプリにメモする

というように、行動を細かく決めましょう。

時間や場所が明確だと、より行動しやすくなります。

行動内容を書き出して目に付くところに貼ったり、

家族に周知すると、より効果的です。



■継続するための工夫


習慣化は長期戦なので、途中で諦めたくなることもあります。

それを防ぐため、

・夫婦で共有管理できるアプリを使う

・同じ目標を持つ友人と声を掛け合う

・SNSに投稿する

・週や月の目標を達成したら自分にご褒美

などのように、モチベーションを維持する工夫を決めておきましょう。


そういえば、以前あさイチで放送された『習慣化アプリ』も

行動を継続したい方に人気だとか。

挫折が心配なら、継続するための工夫を多めに用意したいですね。

(特にご褒美を…^^)





■メリットを思い描きながら


「寝起きに白湯を飲むと、血行が良くなるので美容や健康に良い」

といわれます。

一見、とても簡単な行動に思えますが、

この行動を習慣化するには18日程度の期間が必要だとか。


目標が高いと、習慣化は長期戦になるかもしれません。

挫折しそうなとき、

「家計簿で無駄な支出を発見できたら、家づくりの資金を増やせる!」

「無駄なモノを減らせたら、管理が楽になるし新居の収納スペースも少なくて済む!」

と、考え付く限りのメリットを思い描くと、もうひと頑張りできそうですね。

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全84ページ中)