小山 志穗 自己紹介へ

忙しい人のための時短掃除術: 何かをしながら効率的に家を綺麗に保つ方法

2024/07/04(木) 日々のこと

現代の忙しいライフスタイルでは、掃除にかける時間を確保するのはなかなか難しいものです。

しかし、日常のタスクと並行して掃除を行うことで、

家を綺麗に保ちながら貴重な時間を節約することができます。


朝の準備中に

概要: 朝のルーチンに掃除を組み込むことで、1日のスタートを快適に迎える方法を紹介します。

  • 歯磨き中にシンクを掃除

歯磨きをしながら、シンクの汚れをサッと拭き取ります。

水垢や歯磨き粉の飛び散りをその場で取り除くことで、後からまとめて掃除する手間が省けます。

  • シャワー中にバスルームを掃除

シャワーを浴びながら、シャワーヘッドやタイルの汚れをブラシでこすります。

温かい水が汚れを落としやすくしてくれるので、一石二鳥です。


料理中に

  • 煮込み料理の待ち時間にカウンターを拭く

煮物やスープが煮えるのを待つ間に、キッチンカウンターやコンロ周りをサッと拭きます。

調理の合間に少しずつ掃除することで、後片付けが楽になります。

  • 電子レンジの使用中に周辺を掃除

電子レンジを使っている間に、電子レンジの外側や近くのカウンターを拭きます。

短い時間でも効果的に掃除を進めることができます。


テレビを見ながら

 

  • 広告の間に小さな掃除タスクを実行

座ってテレビを見ている間に、広告が流れる時間を利用してクッションを整えたり、

リモコンを定位置に戻したりします。

  • テレビを見ながら床をモップがけ

自動モップロボットやフローリングモップを使って、番組を見ながら床を掃除します。

体を動かしながら楽しむことで、運動不足も解消できます。


電話をしながら

 

  • 片手でできる掃除

友人や家族との電話中に、片手でできる簡単な掃除タスク

(例えば、ダストワイパーでほこりを拭くなど)を行います。

  • スピーカーホンを使って

スピーカーホンを使って電話をしながら、手が自由になるので、

さらに多くの掃除を進めることができます。


 

日常の様々なタスクと並行して掃除を行うことで、家を清潔に保ちながら時間を効率的に使うことができます。

朝の準備中や料理中、テレビを見ながら、電話をしながらなど、少しの工夫で掃除の負担を軽減しましょう。

忙しい毎日を少しでも楽に、そして快適に過ごすために、ぜひこれらの時短掃除術を試してみてください。

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全138ページ中)