スタッフブログ

泉 志穗 自己紹介へ

住宅ローン減税の内容が変わります

2022/02/22(火) 家づくりのこと

■住宅ローン減税とは


住宅ローンを組んで住宅を新築又は購入した方に対し、

年末のローン残高の1%を、所得税から差し引く減税措置です。

所得税から控除しきれなかった分は、住民税から控除されます。



■現行と変更後


・控除率・・・・1% → 0.7%

・減税期間・・・10年 → 13年

・残高上限・・・4千万円 → 3千万円

・減税最大額・・・400万円 →273万円

・対象者の所得要件・・・3千万円以内 → 2千万円以内


「所得」とは、収入から必要経費を差し引いた額のことで、

「=年収」ではありません。



■逆ざや

控除率が引き下げられる理由は、

住宅ローンを利用した人の減税額が、支払利息より多くなる現象を解消するためです。

(この現象を「逆ざや」と言います)


富裕層などの住宅ローンを利用せずに新築(又は購入)できる人の中には、

減税の恩恵を得るために、敢えて住宅ローンを組む方もいるとか。

そんな富裕層優遇への懸念を防ぐことも、

今回の見直しの狙いの一つとなっています。


 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

記事一覧

1ページ (全58ページ中)

ページトップへ