小山 志穗 自己紹介へ

モノを持ちすぎない人生を手に入れる!整理収納のステップ

2024/02/02(金) 収納のこと

日常の中で取り囲むモノたちは、私たちの生活や考え方に大きな影響を与えています。

しかし、モノを持ちすぎることで生じるストレスや無駄な時間、場所の乱雑さは避けたいものです。

1. モノを見つめ直す

整理収納を始める前に、まずは自分の周りにどれだけのモノが存在しているのかを見つめ直しましょう。

部屋やクローゼットを開け、これまで気に留めなかった細部に注目することで、

必要なものと不要なものの違いを明確にします。

2. 使う頻度で分類する

モノを整理する際には、使う頻度で分類することが鍵です。

何度も手に取るもの、時折使うもの、実際には使わないもの。

この3つに分類することで、必要なものだけを取捨選択し、スペースを効果的に使うことができます。

3. モノの重複を防ぐ

同じ種類のモノが複数ある場合、それらを見直して重複しているものを取り除くことが大切です。

重複するモノはスペースを圧迫し、使い勝手を悪くします。

必要な分だけ残し、余分なものは手放すことで、シンプルな空間が広がります。

4. 必要なモノに場所を決める

モノを整理するとき、それぞれのアイテムに決まった場所を与えることが大切です。

使うたびにモノの場所を探す手間を省くために、各アイテムが居場所を持つことで整理がしやすくなります。

5. モノの入れ替えを定期的に行う

整理収納を定期的に見直すことで、不要なモノが増える前に手を打つことができます。

季節ごとや年に一度、モノを入れ替えるイベントを設け、

使わなくなったものを徹底的にチェックし、整理を保つよう心がけましょう。

 

物理的な整理収納が生活に静けさをもたらすだけでなく、心の中も整理されることを感じるでしょう。

モノを持ちすぎないシンプルな生活を目指し、整理収納のステップを踏んで、

心地よい暮らしを手に入れてみませんか。モノの中で人生が広がり、心も軽やかになることを期待しています。

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全138ページ中)