京都の夏の風物詩 ~鴨川納涼床の工事風景~

2021/04/18(日) 家づくりのこと

今年も鴨川納涼床の季節がやって参りました。

京都の夏の風物詩として毎年賑わいますが、

昨年はコロナの影響を受けました。

今年はオリンピックイヤーですが、

まだまだコロナが終息していません。

そんな中ではありますが、

納涼床の組立て作業に取り組んでいます。

雨の翌日なので川の水量も多くなっております。

鉄骨の骨組みの上に木造で床板や柱を

組立てていきます。

トントン、カンカン金づちを振って

ひとつづつ組立てていきます。

 

すだれ天井をするための竹の柱と梁です。

だんだん雰囲気が出てきました。

骨組みは出来てきました!

これに提灯やすだれを飾っていきます。

右前方には、キレイになった南座が見えます

鴨川のせせらぎを聴きながら

一杯飲みたいものです。

早くコロナが終息をして

皆でわいわいと飲みたいものです!

 

 

タップまたは、クリックして

フォローしてね

1ページ (全78ページ中)