泉 志穗 自己紹介へ

冬の節電期間が始まりました。

2022/12/13(火) 日々のこと

こんにちは。

京都府宇治市で自然素材を使った、注文住宅・リフォームを行う工務店

陽だまりハウスです。




政府の要請により、冬の節電期間が始まりました。

期間は12月1日から3月31日までです。

数値目標はありませんが、

無理のない範囲で終日の節電を求められています、


暖房や照明の使用量が増える時間帯は電力需要が高まります。

無理なく節電するために、あなたはどんな工夫をしていますか?

 

■電気の使用割合


資源エネルギー庁によると、

冬の家庭での電気の使用割合の上位4項目は、

・暖房・・・32.7%(エアコン17%、電気ストーブ3.8%など)

・冷蔵庫・・14.9%

・給湯・・・12.6%

・照明・・・・9.2%

だそうです。

…暖房に使う電気って、こんなにも多いんですね。



■冬の節電事例


・床暖房は就寝や外出の30分前に切る

・こたつや電気カーペットの温度設定を「強」から「中」にする

・エアコンの設定温度を1~2度下げる

・エアコンの使用時間を1日1時間短縮する

・厚手のカーテンや窓用断熱シートなどで屋外の冷気を遮断する

・省エネラベルを参考にして、省エネ家電に買い替える

・照明は、白熱電球からLEDランプに交換する

・不要な照明はこまめに消す

・冷蔵庫は詰め込み過ぎを避け、設定を「強」から「中」にする



■節電プログラム


電力小売り各社の節電プログラムに参加すると、

参加した家庭には一律2千円相当のポイントが付与されます。

(ホームページなどで参加登録手続きが必要です)


また、年明けから3回の検針で

前年同月より3%以上減っていれば、

月ごとに千円相当のポイントが付与されます。


ちなみに、エアコンの設定温度を22度から20度に下げると、

電気使用料を2.7%削減できます。

冷蔵庫の詰め過ぎを避け、設定を「強」から「中」に変更すると、

1.5%削減できます。


そのほかにも、家族が同じ時間で過ごす時間を増やしたり、

夕方のカーテンを閉める時間を早めにするなど、

節電する方法はいろいろあります。

無理なく続けられる方法を家族と探し、実践しましょう。





■ヒートショック対策の暖房費は必要経費です


浴室や脱衣所が寒いと、

暖房が効いた部屋との温度差によって血圧が乱高下し、

ヒートショックを起こすことがあります。

部屋との温度差が10度以上ある場合は、特に注意しましょう。


温度差が少なくても、高血圧・糖尿病などの家族や

高齢者がいる場合は、脱衣所と浴室はしっかり暖房しましょう。

浴室暖房が無くても、シャワーで浴槽に湯はりしたり、

次の家族が入るまで風呂ふたを開けておけば暖かさを保てます。

ただし、その分追い炊きが必要になるので、

できるだけ間隔を開けずに入浴しましょう。

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全84ページ中)