小山 志穗 自己紹介へ

実は新築よりもリフォームのほうが難しい

2023/11/04(土) 家づくりのこと

新築物件を建てる場合、一から設計し、建設するプロジェクトは確かに大規模で複雑なものです。

しかし、実際には、リフォームプロジェクトが新築よりも難しい場合が多いという事実があります。

既存の構造への適合

リフォームは、既存の建物に合わせて施工しなければなりません。

この適合性を確保するために、新たなアイデアや設計変更を取り入れるのは困難で、

新築のような柔軟性が制約されます。

予測不可能な課題

既存の建物にはさまざまな予測不可能な課題が存在します。

例えば、壁や床の裏側に何が隠れているのか分からないことがあり、

予算やスケジュールに影響を及ぼすことがあります。

予算とコスト管理

リフォームプロジェクトは、予算とコスト管理の観点からも難しい側面があります。

既存の建物の問題が発見された場合、追加の予算が必要になることがあり、これは予測不可能な要因です。

施工の複雑さ

既存の建物に対するリフォーム作業は、新築よりも技術的に複雑な場合があります。

建物の構造を変更する場合、専門的なスキルと知識が必要です。

満足の得られない場合のリスク

リフォームが予想外の問題に直面し、結果が思わしくない場合、

それを元に戻すのは難しいことがあります。

新築の場合、すべてを自分の好みに合わせて設計できますが、

リフォームでは制約が多く、満足の得られないリスクが高まります。

 

新築とリフォーム、それぞれに特有の難しさと課題があります。

しかし、リフォームは既存の建物を最適な状態に改善するために、専門知識と経験が不可欠です。

計画を立て、適切な専門家と協力することが、リフォームの成功の鍵です。

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全132ページ中)