小山 志穗 自己紹介へ

家の雨漏りのサインを見逃すな!─ 早期な対策で快適な住まいを保とう

2024/03/04(月) 日々のこと

雨漏りは、家の大敵の一つです。初めは些細なサインかもしれませんが、

見逃すと大きな問題に発展する可能性があります。

1. 水滴やしみの発見

雨漏りの最も明白なサインは、雨の後に天井や壁に水滴やしみが現れることです。

これは急勾配の場合でも緩やかな屋根でも発生する可能性があります。

こうしたサインを見逃さず、早急な確認が必要です。

2. 天井や壁の変色

天井や壁の色が変わることも雨漏りのサインです。

特に暗いシミが現れた場合、それは水が浸透している可能性が高いです。

部屋の異常な湿気やカビの臭いも留意するポイントです。

3. 窓やドアの隙間からの浸入

風雨が強い日に、窓やドアの隙間から水が浸入することがあります。

閉めきれない隙間や、古くなったシーリングが原因で漏水が発生することがあります。

風が吹く日に窓やドア周りを注意深く確認しましょう。

4. 雨樋や排水溝の検査

雨樋や排水溝が詰まっていると、雨水が正しく流れず、屋根や壁に浸透する可能性があります。

定期的な清掃と点検が必要です。特に秋や春の季節に葉やゴミが溜まりやすいので、こまめな手入れが大切です。

5. 屋根の劣化や破損チェック

屋根の状態は雨漏りを防ぐ上で非常に重要です。劣化や破損が見つかった場合は、

早急な修理や補修が必要です。特に屋根の瓦や防水シートの状態を確認することで、

未然に対策を講じることができます。

 

家の雨漏りは見逃すと、建物全体に悪影響を与える可能性があります。

早期にサインを見つけ、対策を講じることが大切です。

家の安全と快適さを守るために、定期的な点検とメンテナンスを怠らず、雨漏りに立ち向かいましょう。

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全128ページ中)