小山 志穗 自己紹介へ

思い込みの住宅ローンの予算

思い込みによる住宅ローンの予算決定は、多くの家庭にとって大きな落とし穴になり得ます。

購入者が実際の経済状況や将来のリスクを考慮せずに、

あまりに楽観的な予算計画を立てることは、後に重大な金融上の問題を引き起こす可能性があります。

1. 思い込みその1: 「現在の家賃と同じ額なら問題ない」

多くの人は、自分が現在支払っている家賃と同じ額なら住宅ローンの支払いも問題ないと考えがちです。

しかし、住宅所有にはローンの支払い以外にも、固定資産税、

保険、メンテナンス費用などの追加費用が伴います。

これらの追加費用を考慮に入れずに予算を組むと、後になってから財政的な圧迫を感じることになります。

2. 思い込みその2: 「収入は今後も増え続ける」

将来の収入増加を前提に高額な住宅ローンを組むことは非常にリスキーです。

経済状況は予測不可能であり、収入が思ったように増えない、または失業などのリスクも常に存在します。

予期せぬ出来事に備えて、現在の収入に基づいて現実的な予算を立てることが重要です。

3. 思い込みその3: 「最大限借り入れれば、より良い家が手に入る」

銀行が承認する最大限のローン額に基づいて家を購入すると、

毎月の支払いが家計に大きな負担となり、生活の質が低下することがあります。

長期的に見て、家族の幸福やライフスタイルを維持するためには、

快適に支払える範囲内で住宅を選ぶことが賢明です。

アドバイス

  • 全体費用を考慮する: 住宅ローンの支払いだけでなく、全ての関連費用を考慮に入れて予算を立てましょう。
  • 緊急時の貯金を確保する: 収入の減少や予期せぬ出費に備えて、緊急時の貯金を用意しておくことが重要です。
  • リアリスティックな予算設定: 自分たちの生活スタイルや将来の計画に合わせて、現実的な予算を設定しましょう。
  • 専門家の意見を求める: ファイナンシャルプランナーのプロフェッショナルの意見を聞き、適切な住宅ローンの選択をすることが大切です。

住宅ローンを組む際には、冷静かつ慎重な判断が求められます。

ここで挙げた思い込みは、特に初めての家を購入する人々が犯しやすい過ちですが、

これらを回避することで、将来的に金融的な安定と心の安らぎを得ることができます。

 

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全138ページ中)