小山 志穗 自己紹介へ

家具が多い場合には導線が悪くなる可能性があります

こんにちは。

家具と導線について考えた事ありますか?

意外な関係性もあきらかに・・・・。

 

家具が多い場合には導線が悪くなる可能性があります。

家具が配置されるスペースや家具同士の配置によって、動線が妨げられたり、

移動が制限されたりすることがあります。

 

家具が通路や廊下に配置されていると、移動する際に通り抜けが困難になります。

特に、家具がドアや階段の近くに配置されている場合、通行スペースが狭まります。

 

家具がドアの前に配置されていると、ドアの開閉が制限されます。

ドアが完全に開かない場合や、ドアを通り抜ける際に家具にぶつかってしまう可能性があります。

 

キッチンやデスクなどの作業スペースに家具が多い場合、作業効率が低下します。

作業スペースが狭くなったり、必要な物が手の届かない場所にあると、

作業に時間がかかったり、ストレスを感じる可能性があります。

 

家具が多く配置されると、収納スペースが不足することがあります。

物の散乱や収納の乱雑さが生じ、整理整頓が難しくなることで、動線が混乱したり、

必要な物を見つけるのに時間がかかることがあります。

 

したがって、家具の配置には注意が必要です。

必要最低限の家具を選び、スペースを効果的に活用することで、

導線をスムーズにすることができます。また、家具の配置を工夫することで、

スペースを広く見せたり、動線を確保したりすることも可能です。

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全134ページ中)