スタッフブログ

水道局の関係者を装う不審者に注意しましょう

2021/12/12(日) 日々のこと

ある日突然、

「水道局から依頼されて水質検査に来ました」

と、身分証を首から下げ、作業服を着た人が来たとします。

このとき、何の疑問の抱かず自宅に招く人もいれば、

不信感を抱いて検査を断る方もいます。


あなたなら、どんな対応をしますか?

 

■不審者情報の事例


・試薬で水道水を変色させて不安感をあおり、浄水器の購入を勧め


・「近所で水道工事をしているご縁で、周辺のお宅を点検している

 と工事店になりすまして点検し、不必要な工事を勧めた


・水道局職員と名乗り、事前に点検訪問の電話案内をして信用させ

 後日、すぐに工事が必要と、その場で工事をして代金を請求した


・水道局職員と名乗り、「複数のデータ収集が必要」との名目で

 住所や名前、口座情報などを聞き出した


・郵便受けから抜き取った検針票を見せ、

 「集金に来ました」と言って現金をだまし取った



■水道局は以下のことをしません


・あなたからの依頼を受けていない調査や検査

・水回りの修理や代金の請求

・浄水器などの訪問販売・レンタル・あっせん

・訪問による料金徴収(訪問する場合、あらかじめ文書で連絡する

・メールでの料金請求

■トラブル防止のために


・「必要が無い」「怪しい」と思ったら、はっきりと断りましょう


・あなたから依頼していない場合、

 玄関先で対応して自宅に上げないようにしましょう。


・委託証明書や水道局が発行した身分証明書を携帯しているか

 確認しましょう。

 正規のものか分からない時は、その場で水道局に電話しましょう。


・契約する前に、家族や水道局に相談するなど慎重に対応しましょう。


・宅地内で勝手に作業している不審者には、毅然と退去を通告しましょう。

 (退去しない場合、警察に連絡してかまいません)


・浄水器の契約を行った場合、

 クーリングオフ期間内ならクーリングオフの手続きを、

 期限を過ぎている場合は、地域の消費者センターに相談しましょう

 

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

記事一覧

1ページ (全58ページ中)

ページトップへ