小山 志穗 自己紹介へ

オシャレな新築の裏側:快適とは程遠い季節の波

2024/03/02(土) 高性能住宅

家づくりにおいて見落としがちな重要な要素に焦点を当ててみたいと思います。

オシャレな新築を建築する際、外観や内装デザインに注目しすぎて、

住み心地に関する基本的な要素を見逃してしまうことがあります。

以下は実際に他社さんで購入されて、どうにかしてほしいと弊社に問い合わせがあった内容です。

 

外観が魅力的でモダンな新築住宅に引かれ、建物内部も素敵な仕上げに一目惚れして建売の家を購入。

しかし実際に住み始めると、冬は寒く、夏は暑いという快適さとは程遠い住環境をしいられる事に・・・

1. 冬の寒さ

冬になると、家の中が思ったよりも寒く感じられました。

断熱材の不足や窓の性能の低さが、冷気が侵入する原因でした。

夜中になると寝る時に寒さが身に染み、エアコンや暖房器具を常時稼働させることが必要でした。

これは、新築だからと安心せず、断熱性能を確認する重要性を教えられた出来事でした。

2. 夏の暑さ

逆に夏は、室内が蒸し暑くなりがちでした。

窓や壁の断熱性能が低いため、外の暑さが室内に侵入しやすかったです。

冷房を使っても室内温度がなかなか下がらず、快適な居住環境を作り出すのが難しかったです。

サーマルカーテンや断熱材の追加など、事前に対策を講じることが必要でした。

 

これらの経験から学んだことは、オシャレで外観が良いだけでなく、

住み心地に影響する要素も検討することが重要だということです。

将来の住まいを考える際には、断熱性能や夏場の冷却設備、

冬場の暖房設備など、四季折々の気象条件に対応できる住宅設備に注目することが大切です。

 

もしもう一度新築住宅を検討する機会があれば、

私は建材や設備について詳しく調査し、外見だけでなく、

住み心地にもこだわった家づくりを心がけたいと思っています。

皆さんも、新築購入の際には見た目だけでなく、暮らしやすさにも目を向けてみてくださいね。

 

 

QRコードを読み取るか、LINEマークをクリックして友達追加してね

 

1ページ (全128ページ中)